売却時の税金

不動産を売却した場合
  1. 翌月の3月15日までに確定申告をすることが必要です。
  2. 申告により利益が生じた場合にはその利益に対して譲渡税がかかります。
  3. 買った時よりも安くなってしまった場合でも申告することで税金がかからなくなるので確定申告が必要です。所得税の還付も受けられます。
  4. 不動産の種類、所有期間など諸条件により税率が異なります。 
   税額=   (譲渡価格−取得価格−諸費用−特別控除)×税率    

*譲渡価格・・・家が売れた値段

*取得価格・・・家を買った時の値段、建物部分に対しては減価償却相当額を控除

*その他取得費には家を買った時に支払った仲介手数料、測量費、印紙代、登録免許税、登記費用、不動産所得税、ローン保証料、リフォーム費用等も含まれます。

*諸費用・・・売却の際に支払った仲介手数料、印紙代、広告料、測量費、解体費、抵当権抹消の登記費用、建物登記抹消費用等

*特別控除・・・居住用財産3000万円の特別控除、軽減税率の特例、買い換え特例などを適用させた場合

*税率
 譲渡した年の1月1日における所有期間が
 5年を超える場合 税率 20.315%(国税15.315%、地方税5%)
 5年以下の場合 税率 39.63%(国税30.63%、地方税9%)

個人情報保護方針

HOME> 売却時の税金

> 運営会社